僕はマルタン、マルチーズ

マルタンと歩む、私のセカンドライフ

私たちの恋バナ

f:id:shirleypoppy:20181120154014j:plain

マルタンはもうすぐ1歳、

体重は3.6キロ前後で変わりませんが、

体形が幼児体形から成犬の体形へ変わってきています。

足が長くなって、ぽこんと丸かったお腹が、引き締まってきました。

目は他の同年齢のマルチーズと比べても、格段に小さくて黒豆のよう。

でも元気よく遊ぶ姿は、動く縫いぐるみのように可愛く、

私同様に、前のワンコのことが忘れられない母にも、

「これはこれで可愛いねえ・・」などと言って可愛がられています。

f:id:shirleypoppy:20181120154100j:plain

20代のころ一緒に働いた友人が、遠方から遊びに来て、

中島公園を散歩して、長い長いおしゃべりをしました。

f:id:shirleypoppy:20181120163235j:plain

今だから話せる若き日の恋バナ・・・

何せ20代ですから、いろいろありました。

特に彼女は、モデルさんのようにきれいだったので、

持てたのなんの・・・

その彼女が最も好きだったお相手は、高校の同級生。

当時、真面目なきれいな字の手紙を何通かもらって、

その後お互い結婚して家庭を持ったけれど、

手紙はとても捨てられず、

今でも束にして持っているそうです。

その方は、数年前に亡くなられたそうで、

もともとどうなるわけでもなかったけれど、

自分にもそういう人がいたということが、

いつも支えになってきたと言います。

で、その恋バナの結論、

結婚しなかったからこそ、

ずーっと良い思い出であり得たのかもしれない、ということ。

結婚もひとつのハッピーエンドではあるけれど、

結婚しなかったが故のハッピーエンドもあるんだな~

ということを、今、人生の晩年に悟った私たちでした。

秘め事を話せる時が来たのは寂しくはありますが、

話して聞いて、ときめきを思い出すのも悪くはありませんね。

 

 

 

母の絵 「リンゴ」8号

f:id:shirleypoppy:20181120170506j:plain

数年前の絵です。長野県のリンゴ農家の知人に貰われていきました。

今年はリンゴが不作だったという残念なお知らせがありました。