僕はマルタン、マルチーズ

マルタンと歩む、私のセカンドライフ

大きな目標に向かって

f:id:shirleypoppy:20190206162334j:plain

親しい友人から、4月、チェンバロを囲んで演奏する集まりがあるので、

是非参加をしてほしいとお誘いがありました。

「え? チェンバロ? というと? なんの曲?」

「そりゃやっぱり、バッハでしょう」と友人。

3年前にバッハのフルートソナタを人前で何度か演奏して、

音楽にならず、力不足を思い知った私は、

「バッハは難しくて無理、前に何度やってもダメだったし・・」

とお断りしました。

友人も、私のその良からぬ演奏を何度も聞いていたのですが、

語気を強めて言いました。

「バッハは、一生かかってマスターするものでしょ!」

ああそうでした。

プロの音楽家でも、バッハを一生の課題にしている人はたくさんいます。

かのショパンも、バッハバカと言われるくらいバッハに傾倒していて、

ご自分のピアノの生徒にも、バッハを勉強するよう勧めていたそうです。

でもなあ・・素人の私が今からそこまでやらなくても・・

ひるむ私に、友人の説得は続きます。

チェンバロの伴奏で演奏する機会は、もうめったにない、

チェンバロを楽しむことが目的なのだから、上手かどうかは問題でない、

プロのチェンバロ奏者を呼ぶので、ある程度人が集まらないと困る・・云々

ついに折れて参加することにしました。

曲はフルートソナタ変ホ長調(BWV1031)、

3回、人前で演奏したことがあります。

かなり練習したのに、ただの指の練習曲のようにしかならず、

曲の美しさとは程遠い出来になってしまいました。

今回は4度目の正直・・となるよう頑張ってみます。

 

それと、6月の発表会があり、先生からはフランクのソナタを勧められました。

気楽な小曲でもやろうとしたら、

「易しすぎるのはだめですよ。難易度Cでなきゃ!」とピシャリ。

年だからって甘えるんじゃない、とお見通しのお言葉でした。

とりあえずはフランクのソナタの第4楽章をやることにしました。

取り寄せたフランクの楽譜も届き、準備万端です。

f:id:shirleypoppy:20190214163158j:plain

私には大曲ですが、

吹いてみると、きれいにできそうな気もして、

今年、体調の良いうちに、

できるだけのことをやってみようとやる気がわいてきました。

それは、白血病となられた池江瑠花子さんの、

病気に立ち向かおうとする姿勢に励まされたせいでもあります。

大きな目標に向かっていける幸せを感じるのです。生きているから・・

f:id:shirleypoppy:20190214165006j:plain

池江瑠花子さん、

病気を克服され、また復帰されますよう、

心から応援しています。

 

 

 

 

 

小さなマルタンと大きな仲間たち

   マメシバのマメちゃん、おはよう! 今日もよろしく!

f:id:shirleypoppy:20190206153252j:plain

マメちゃんが走ると、マルタンも必死で後を追います・・・

f:id:shirleypoppy:20190206153511j:plain

ビュンビュン走るマメちゃんはとてもかっこよくて、

全身フル稼働で追いかけるマルタンは小さなラッセル車のようです

f:id:shirleypoppy:20190206153440j:plain

マルタンは雪まみれ・・他のお母さんが笑って、顔の雪を払ってくださいました。

f:id:shirleypoppy:20190206153712j:plain

今日も集まったお友達は、みんな大きくて、

マルタンは一番のチビでしたが、一人前に仲間のつもりです。

f:id:shirleypoppy:20190206153614j:plain

マルタンが社交的なので、私も自然と、

いろいろな飼い主さんたちとお話をするようになりました。

お母さんたちは、去勢手術は必要だと言います。しないほうが可哀想だと・・

お父さんたちはたいてい、「去勢手術なんてあんまりだ」と言います。

「身につまされるよ」と言われたお父さんには吹き出してしまいましたが、

ご本人は真面目でした。

私の前のワンコは男の子だったので、去勢手術をしたけれど、

たった十数年の命なのに、しなくてもよかったのではないかと、

今は迷います。

物の感じ方、感動の仕方とかにも影響が出るかもしれません。

前の子の時は、1歳過ぎてからの手術だと、習性は残ると聞いて、

恋くらいはできるようにと、1歳を過ぎてからにしました。

マルタンは小さな子なので、できるならメスを入れずに、

ありのままに生かせてあげたい・・と思ってしまうのですが・・。

十数年の寿命って、過ぎてしまうとあっという間でした。 

 

 

 

 

 

 

風邪で読書

f:id:shirleypoppy:20190128154527j:plain

1歳2か月になったマルタンは、とてもやんちゃ坊主、

お散歩が大好きで、深い雪の中も泳ぐように駆け回ります。

他のワンコにも友好的で、公園で見かけると一目散に駆け寄っていき、

お散歩仲間が群れになっていたりすると、

当然のように仲間に入って遊ぶところなどは、

前のワンコ嫌いの愛犬とは正反対で、私のほうが戸惑ってしまいます。

そんな中で、前の愛犬の一周忌も終わり、

私の気持ちも大分落ち着いてきました。

f:id:shirleypoppy:20190128144214j:plain

今日は、私が風邪をひいてしまったので、朝の散歩は中止。

お散歩命のマルタンは、「行かないの?」と不思議そうな顔、可哀想でした。

熱はなく、鼻水とくしゃみだけなので、インフルエンザではなさそう、

お薬を飲んで、ゆっくりと本を読んで過ごしました。

f:id:shirleypoppy:20190128144317j:plain

どちらも面白かったけれど、

村木厚子さんの、「あきらめない」という本はお勧めです。

私もすっかり忘れていたのですが、

10年前、障害者郵便割引制度を悪用した、偽造公文書作成の容疑で、

厚労省の女性が突然逮捕され、大ニュースとなりました。

164日にも及ぶ拘留生活の末、

結局冤罪だったということがわかり、

それがまたまた大ニュースとなった、という事件がありました。

その小説の様な実話の当事者だった村木厚子さんが、

先日NHKあさイチに出られて、

拘留生活のことや、その間支えになった人や本、

現在の活動などをお話されたのです。

穏やかな飾らない、しっかりとしたお人柄に興味を持った私は、

さっそく本を購入しました。

この本には、拘留生活中に読まれ、支えられたという、

149冊の本のリストも載っていて興味深いです。

多岐にわたって読まれていて、

推理小説もお好きだというのには意外でした。

 

昨日は、買ってあった厚手の木綿の生地で、

動きが楽なように、袖はジャージにして、

普段用のチュニックを縫いました。今年の初ソーイングです。

自分で縫うと・・・こちらの方言ですが、あずましいのです。

f:id:shirleypoppy:20190128144401j:plain

 

大吉

f:id:shirleypoppy:20190109170121j:plain

昨日は、フルートオーケストラの仲間が集まり、今年初めての自主練習

コンサートなどをやるフルートアンサンブルの仲間とはまた別ですが、

大方はダブっていて、多い時は十数人が集まり、

月一回、オーケストラの予行練習をしています。

年齢構成は高く、60代は若い方、最高年齢は86歳にもなります。

フルート歴は長いのですが、一様に始めたのが遅く、

40代50代60代にスタート、

育児に一段落したとか、退職をしたとかで始めた人がほとんどです。

陣頭指揮を執るのは、

かつて学校などの吹奏楽部などの指導の経験者とか、

元音楽の教師とかなので、安心して教えてもらえます。

昨日は主にリストのハンガリー狂詩曲2番を練習、

休憩をはさんで約4時間、楽しい練習が続きました。

最高齢の方たちの、85歳を過ぎても若々しいきれいな音を出し、

いつまでもフルートの演奏を楽しもうとする姿勢に、

私はいつも励まされています。

今年も頑張るぞーっ! という気持ちになって帰ってきました。

 

今日は母に頼まれて、お正月のお飾りなどを処分するため、

北海道神宮へ行って来ました。

まだたくさんの人が、お詣りに来られていて、

外国人の観光バスなども止まっていました。

私も一応遅ればせながら初詣をして、

おみくじを引きましたら、大吉

これは当たっているような気がします。神様を信じます!

f:id:shirleypoppy:20190109174747j:plain

               お尻も可愛いです💛

f:id:shirleypoppy:20190109174854j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

遅ればせながら・・・

あけましておめでとうございます!

f:id:shirleypoppy:20190105164719j:plain

マルタンと過ごす初めてのお正月、

母が高齢なこともあり、

今年はなるべく母とマルタンと過ごす時間を多くとる様心掛けています。

自分のことは二の次で、なかなかパソコンの前に座れません。

けど、フルートの練習だけは欠かしません。

やはり楽器の練習が一番好きなので、

それさえできれば、あとは譲ってもOK、幸せに暮らせます。

素人だけれど、ボランティアで、

今年も面白いコンサートやりたいな・・

お客さんと気持ちが通う、温かく楽しく面白いコンサート。

今年も夢をもって頑張ろうっと!

今日はモンティのチャルダッシュの練習をしました。

まだ突っかかりますが元気が出ます。

 

 

 

 

メリークリスマス!

f:id:shirleypoppy:20181225144049j:plain

ご無沙汰していました。

一か月以上更新しない間に、外はすっかり冬景色、

札幌は氷点下の寒い日が続いています。

f:id:shirleypoppy:20181225152104j:plain

今月は、9日フルート協会内での発表会があり、

そのあと、20日に友人のギャラリーでのミニコンサートがあり、

わき目も振らず全力疾走してきました。

おかげさまで、

発表会は先生とのデュエットなので、先生に助けられ、

ニコンサートは、四重奏、三重奏、二重奏、ソロで演奏しましたが、

温かいお客様たちに支えられ、

どちらもまあまあ自分としては納得の出来、だったかも・・?

というより、挑戦したことが良かったと思えるのです。

ぎりぎりまで自分を詰めて、最後は楽しい演奏を心掛け、

結果はどうあれ、自分と闘ったという達成感。

とても良い勉強になりました。

・・で、写真撮るの、忘れました。必死だったので・・(^^;

 

f:id:shirleypoppy:20181225144309j:plain

マルタンは1歳の誕生日を過ぎ、少し大人になり・・

と言いたいところなのですが、まだトイレが完全ではありません。

今までは自分でベランダから庭に出て用を足してきたのですが、

今は、「行っておいで」というと、

寒いから出ないと言って逃げ回り、

「じゃあトイレでするんですよ!」というと、

部屋の片隅に、チッと引っかけてすまし顔。

何事も「・・・しなさい」と言われるのが嫌いなようなのです。

         「それが何か問題でも?」

f:id:shirleypoppy:20181225150657j:plain

気づいてみると、マルタンのトリミングもさぼって、

ボサボサになってしまいました。マルタン、ごめん(-"-)

 

今日、長野の友人が、干し柿とお蕎麦を送ってくださいました。

f:id:shirleypoppy:20181225144359j:plain

今年は、前の愛犬が亡くなり、つらい年明けでしたが、

振り返るといろいろな人にお世話になり、

良いこともたくさんあったなあ・・と、改めて感謝でいっぱいです。

f:id:shirleypoppy:20181225144441j:plain

 

日曜日には母とクリスマス礼拝に行き、

昨夜のクリスマスイヴは、それらしいごちそうを作り、

高齢の母も、大声で賛美歌を歌い、たくさん食べて、

マルタンと一緒に楽しい夜を過ごしました。

皆さんもどうぞ、良いクリスマスを!!

 

私たちの恋バナ

f:id:shirleypoppy:20181120154014j:plain

マルタンはもうすぐ1歳、

体重は3.6キロ前後で変わりませんが、

体形が幼児体形から成犬の体形へ変わってきています。

足が長くなって、ぽこんと丸かったお腹が、引き締まってきました。

目は他の同年齢のマルチーズと比べても、格段に小さくて黒豆のよう。

でも元気よく遊ぶ姿は、動く縫いぐるみのように可愛く、

私同様に、前のワンコのことが忘れられない母にも、

「これはこれで可愛いねえ・・」などと言って可愛がられています。

f:id:shirleypoppy:20181120154100j:plain

20代のころ一緒に働いた友人が、遠方から遊びに来て、

中島公園を散歩して、長い長いおしゃべりをしました。

f:id:shirleypoppy:20181120163235j:plain

今だから話せる若き日の恋バナ・・・

何せ20代ですから、いろいろありました。

特に彼女は、モデルさんのようにきれいだったので、

持てたのなんの・・・

その彼女が最も好きだったお相手は、高校の同級生。

当時、真面目なきれいな字の手紙を何通かもらって、

その後お互い結婚して家庭を持ったけれど、

手紙はとても捨てられず、

今でも束にして持っているそうです。

その方は、数年前に亡くなられたそうで、

もともとどうなるわけでもなかったけれど、

自分にもそういう人がいたということが、

いつも支えになってきたと言います。

で、その恋バナの結論、

結婚しなかったからこそ、

ずーっと良い思い出であり得たのかもしれない、ということ。

結婚もひとつのハッピーエンドではあるけれど、

結婚しなかったが故のハッピーエンドもあるんだな~

ということを、今、人生の晩年に悟った私たちでした。

秘め事を話せる時が来たのは寂しくはありますが、

話して聞いて、ときめきを思い出すのも悪くはありませんね。

 

 

 

母の絵 「リンゴ」8号

f:id:shirleypoppy:20181120170506j:plain

数年前の絵です。長野県のリンゴ農家の知人に貰われていきました。

今年はリンゴが不作だったという残念なお知らせがありました。